ニュース

大泉学園複合施設施設長 酒向正春先生講演会

2017/08/18(医工学研究科)

【酒向正春氏講演会】

この度、臨床研究推進センター バイオデザイン部門では、平成29年度地域中核企業創出・支援事業、東北地域医工連携事業化ネットワーク事業の一環として、大泉学園複合施設施設長の酒向正春先生の講演会を開催いたします。

酒向先生は、脳卒中を専門とする脳神経外科医としてご活躍されておりましたが、2004年にリハビリテーション医へ転身されました。その後、脳画像解析を基に患者の能力を最大限に引き出す“攻めのリハビリ”を提供されています。
長嶋茂雄氏のリハビリ医として社会復帰に大きく貢献され、NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」でもその活躍が特集されました。
また、リハビリ患者の日常生活までを考慮した「街づくり」にも力を入れられており、「健康・医療・福祉のまちづくりの推進ガイドライン」策定に従事されています。

■日 時:平成29年9月27日(水) 18:00~19:00
■場 所:東北大学医学部 臨床講義棟 臨床中講堂
■演 題:脳卒中リハビリテーションと社会参加ができる街づくり 健康医療福祉都市構想
■講演者:酒向 正春氏(大泉学園複合施設施設長、他)
■どなたでもご参加頂けます(入場無料)
■講演会終了後、懇親会を予定しております

詳細は、添付フライヤーをご参照ください。