ニュース

永富教授らのグループの研究の成果がStem Cell Reportsに掲載されました

2018/12/21(医工学研究科)

 当研究科の永富良一教授が共同で研究している研究について、日本学術振興会特別研究員SPD(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科)の北嶋康雄博士(元永富研究室特任助教、医学系研究科2014年3月修了)が、筋肉の幹細胞であるサテライト細胞の維持において、タンパク質分解系であるプロテアソーム系が必須であることを明らかにし、その研究成果が国際幹細胞学会(ISSCR)が発行する科学誌「Stem Cell Reports」に掲載されました。Stem Cell Reportsに本論文が掲載されたことは、高く評価されることであるとのことです。

 本研究には、本学大学院医学系研究科神経内科学分野青木正志教授、鈴木直輝助教らが参加されております。本研究により、筋肉の幹細胞を正常に保つ仕組みの一端が明らかとなり、今後、筋肉の幹細胞研究や再生医療への応用が期待されます。


本研究の概念図

本研究の概念図