教育課程

医工学研究科には医工学専攻博士前期2年の課程および後期3年の課程が設置され、それぞれ修士(医工学)および博士(医工学)の学位を取得することができます。

コース編成

将来の進路に応じて前期2年の課程に基礎医工学コース、臨床医工学コース、社会医工学コースの3つのコースからなるカリキュラムを用意します。各コースの目的は以下のとおりです。

コース編成

基礎医工学コース

  • 医工学の知識と技術を用いて医学、生物学の基礎の学理を解明することを目的とする。
  • 医工学研究者の養成を行う。
  • 基本の学理を根底から理解し、発展させ得る充実した基礎教育を行う。
  • 世界的レベルの修士研究・博士研究を展開させることにより世界最高水準の研究者となることを期待する。
  • このため、国際インターンシップ(海外企業等での研修)、国際アイテネラント(海外協定校への遍歴留学)教育などを推進して、実経験と国際交流のレベルを高める。

臨床医工学コース

  • 革新的診断、治療技術の開発を目的とする。
  • 前期課程での修了を視野にいれ、学部レベルでの教育との一貫性を考慮しつつ医工学の臨床・応用レベルでの指導者育成を目指す。
  • 基本となる学理を理解し、これを現実の技術に展開する能力を涵養する。
  • 修士研究および博士研究においては、隣接する他分野の研究者・技術者と協力関係を構築し学際的研究・開発を主導することができる能力の育成を目指す。
  • 我が国医療産業の弱点である世界市場への展開を積極的に担う国際的人材をつくるために、国際インターンシップなどを推進する。

社会医工学コース

  • 社会医療システムの改革の実現を探究することを目的とする。
  • 社会人再教育および前期課程レベルの基礎教育を通じ、医療をめぐる広範な社会的問題に対処することにより、医療・医学の根本的刷新を担う人材を育成する。
  • 医工学の基本の学理と技術を深く習得するとともに、医療・医工学をとりまく法律、倫理、および社会的問題等についての徹底した理解も追求する。
  • 医工学に関係する各種の社会的資格の取得あるいは官公庁における許認可・審査業務、管理業務、企業等における各種の許認可、特許等の申請業務、医療機関の経営管理等への従事も含む進路の多様化を図る。
  • 我が国の社会構成の変化に伴って要請される近隣諸国等との国際交流を積極的に推進する。