分野紹介:生体再生医工学

生体再生医工学講座では,生体再生を形態と機能の両面から工学技術を駆使して実現する。細胞・組織レベルでの再生を目指すとともに,人工臓器による機能再建を発展させ,さらに複雑系としての生体機能を制御する情報工学技術を開発,確立し発展させる。このため,生体再生医工学講座には以下の分野を設置しています。

聴覚再建医工学

聴覚再建医療に対する医工学的アプローチ

教授 川瀬 哲明 教授 川瀬 哲明

聴覚系は、振動としての音情報が電気的な情報に変換され中枢に伝達されるシステムであり、障害の部位、原因により個々の難聴者の残存聴覚能は大きく異なります。
難聴者の聴覚QOL(quality of life)の改善を目的に、聴覚再建、聴覚補償医療に必要不可欠な、難聴の病態解明、残存聴覚能の正確な評価、並びにそれらに基づく機能補償・再建法の開発、効果的なリハビリテーション法の確立などの研究を行っています。

  1. 難聴病態の解明と評価・診断法の開発に関する研究
  2. 聴覚再建医療に関する研究(補聴器、人工内耳、脳幹インプラント)
  3. 聴覚リハビリテーションに関する研究
  4. 両耳聴、並びに視覚-聴覚によるBimodal Speech Perceptionに関する研究
研究室サイト
脳幹インプラントのためのマッピングシステムの開発

脳幹インプラントのためのマッピングシステムの開発

脳磁図を用いた聴性定常反応に関する研究

脳磁図を用いた聴性定常反応に関する研究

血管再建医工学

脳卒中の新しい血管内治療デバイスの研究・開発

教授(兼)  出江 紳一 教授(兼)  
出江 紳一

脳血管障害(特に脳動脈瘤と頸部内頚動脈狭窄)の病態解明…Computer Fluid Dynamics(CFD)と、各種動物実験、およびinvitro の研究を通じて、疾患がどのように発生し、症候を呈するかを解明。
新しい脳血管内治療法およびデバイスの開発…脳動脈瘤は脳動脈血管壁の病気であり、動脈瘤はその結果に過ぎません。脳動脈を再生・再建することが脳動脈瘤の根本的治療となります。このコンセプトの元に全く新しい発想に基づくデバイスの開発に取り組みます。

研究室サイト
実験的脳動脈瘤。発生、成長、破裂、治癒の各過程に関連する因子を分析。新しいデバイスの開発、薬物療法の研究などに使っている。

実験的脳動脈瘤。発生、成長、破裂、治癒の各過程に関連する因子を分析。新しいデバイスの開発、薬物療法の研究などに使っている。

CFDを用いた実データーによる脳動脈瘤の解析 このタイプの動脈瘤では壁剪断応力が成長、破裂に強く関連している。

CFDを用いた実データーによる脳動脈瘤の解析 このタイプの動脈瘤では壁剪断応力が成長、破裂に強く関連している。

消化管再建医工学

失われた消化管機能を代償しうる新技術の研究開発

教授  福島 浩平 教授 福島 浩平

消化管本来の機能である外界との接点としての生体防御機構、食物の運搬と貯留、消化吸収、腸内細菌との共存などを理解し、組織学、免疫組織化学、分子生物学、電気生理学などさまざまな方法論を駆使し、消化管欠損時の生体本来の代償機能の定性的かつ定量的解析を行います。さらに、これらに関連した新しい研究システムの開発に加え、機能回復と「生活の質」向上を目的として、工学的アプローチを取り入れた新規治療法の開発を積極的に行っていきます。

  1. 消化管大量切除後の病態解明と新規治療法の開発
  2. 培養系による消化管粘膜の三次元構築と人工腸管の開発
  3. 新しい手術機器の開発
  4. 腸内細菌の消化管疾患への応用
研究室サイト
アルドステロン含有ポリ乳酸粒子:回腸粘膜でアルドステロンが徐放され、起電性Na吸収機構を誘導する

アルドステロン含有ポリ乳酸粒子:回腸粘膜でアルドステロンが徐放され、起電性Na吸収機構を誘導する

骨再生医工学

新規骨再生材料の開発・生体内評価そして臨床応用へ

教授  鎌倉 慎治 教授 鎌倉 慎治

様々な疾患等により失われた骨などの生体硬組織を生体材料等によって再生するための方策を研究します。動物実験を通して骨再生実験モデルの作製や種々の骨再生材料の生体反応を経時的に解析します。生体硬組織に特有な組織作製法を含んだ多様な研究手法による骨再生の機序の解明や新規骨再生材料の創製及びその臨床応用を目指します。

  1. リン酸オクタカルシウム・コラーゲン複合体による骨再生研究
  2. 骨再生に関連する動物実験モデル作製に関する研究
  3. 再生骨組織の定量化に関する研究
研究室サイト
リン酸オクタカルシウム・コラーゲン複合体のヒトへの応用

リン酸オクタカルシウム・コラーゲン複合体のヒトへの応用

大型動物での骨再生

大型動物での骨再生

分子病態医工学

腎不全、高血圧・糖尿病治療法の開発と抗癌剤探索

教授  阿部 高明 教授 阿部 高明

本研究分野では、薬物、ホルモン、生体内物質(尿毒症物質や肝不全物質)の細胞膜輸送機構と体内動態、病態時における調節メカニズムの解明を通して、癌、腎不全、高血圧、内分泌疾患の新たな治療法の開発と臨床応用を図ります。

  1. 細胞膜輸送機構の解明
  2. 腎不全、高血圧の診断・治療法の開発
  3. 抗癌剤の探索
  4. 糖尿病発症、肥満メカニズムの解明
研究室サイト
腎臓特異的遺伝子発現法

腎臓特異的遺伝子発現法