分野紹介:生体システム制御医工学

生体システム制御医工学講座では,サイバネティクス,システム制御工学,及び知能システム工学の医工学応用に関する教育研究を行います。このため,生体システム制御医工学講座には以下の分野を設置しています。

サイバー医療システム

サイバー医療で健康社会を作る!

教授 吉澤 誠 教授 吉澤 誠

新しい医療機器・医用システムの創出には,対象となる生体システムの機能解明とそれに基づいた治療・生体制御手段の開発が不可欠である。本分野では,サイバネティクス・情報通信工学・システム制御工学及び先端情報技術を駆使することによって,生体システムのモデリング・状態推定・シミュレーション手法の開発に関する研究を行うとともに,人工臓器・リハビリテーション機器・健康機器などの医療システムを至適に制御するための技術及び高機能なヒューマンインタフェースを実現する技術の開発を行う。

  1. 健康管理のための分散型センサと体調推定アルゴリズム
  2. 体内埋め込み機器の制御と監視
  3. 映像コンテンツの生体影響評価
  4. バーチャルリアリティを利用したリハビリテーション
研究室サイト
分布型センサからの多次元生体情報の相関解析による遠隔体調モニタリング

分布型センサからの多次元生体情報の相関解析による遠隔体調モニタリング

電子診療鞄を用いた遠隔医療システム

電子診療鞄を用いた遠隔医療システム

知能システム医工学

神経情報処理機構の画像解析と知的診断・治療支援システムへの応用

教授 本間 経康 教授 本間 経康
准教授 小山内 実 准教授 小山内 実

本分野では,ミクロレベルの神経細胞活動からマクロレベルの脳機能に至るまで,生体情報の可視化や知的解析により,神経疾患機序解明や知的機能の数理モデル化など,医療・生命科学から理工学的な応用まで分野横断的な医工学システムに関する教育・研究を行う。国内外の多様な産学組織との共同研究により,カルシウムイメージングやMRIによる、脳・神経疾患の発症機序解明も見据えた、脳機能解明や,医師の高度な専門知識とその獲得過程の数理モデル化による診断・治療システムの知能化技術の開発などを行い,臨床応用を目指す。

研究室サイト
細胞イメージング (左)、全脳イメージング (中) を用いた脳機能解析研究と知的X線画像処理(右:腫瘍抽出の例)など臨床応用へ向けた研究

細胞イメージング (左)、全脳イメージング (中) を用いた脳機能解析研究と知的X線画像処理(右:腫瘍抽出の例)など臨床応用へ向けた研究